スイッチカバー、コンセントプレートの交換

住まいの プチ リフォーム

〜快適な住まいを目指して住宅、マンションを自分でリフォーム。DIY〜

スイッチカバー交換、コンセントプレートカバー交換

リフォーム

住まいのプチリフォームHOME | スイッチカバー、コンセントプレートの交換

住まいのプチリフォーム updated 2017-10-05
 

スポンサードリンク

スイッチカバー、コンセントプレートの交換

 汚れたり、割れたり、外れかかったスイッチカバー(コンセントプレート)は新しいスイッチカバー(コンセントプレート)に交換しましょう。スイッチ本体の交換は難しく資格のある人にやって貰う必要がありますが、カバーの交換は簡単で、物さえ買ってくれば3分程度で交換出来ます。
今回は古いスイッチカバー(コンセントプレート)を新しいスイッチカバー(コンセントプレート)に交換します。

1、スイッチカバー(コンセントプレート)を外す

 
 スイッチカバー(コンセントプレート)は壁に取り付けている土台部分と、そこに小さな爪の突起でくっつけている表面の部分に分かれます。土台と表面のカバーの間にカッターやマイナスドライバー等を差し込み、手前に倒すとカバーが外れます。
旧コンセントプレート
 
コンセントプレート外す

プラスドライバーでスイッチカバー(コンセントプレート)の土台を外します。小さなネジです。間違ってコンセント本体のネジを外さない様に!
コンセントプレート外す2
 
コンセントプレートネジ

2、スイッチカバー、コンセントプレートを付ける

同じ形のスイッチカバー(コンセントプレート)をホームセンター等で買ってきましょう。
新コンセントプレート
 
新スイッチカバー

土台部分を壁面に取り付けます。取り外しの逆の要領です。
コンセントプレートネジ取り付け

上下逆に付けても大丈夫ですが、一応上下があります。(角等に上下が記されています)
コンセントプレート取り付け

カバーをはめ込みます。この爪の部分が穴にはまって固定されます。
折れやすいので要注意です!
 → 

古いコンセントプレート → 新しいコンセントプレート
スイッチカバー(コンセントプレート)交換終了です。



住まいのリフォームメニュー